遺言書作成の手数料情報

遺言書作成の手数料はどのくらい掛かるの?

遺言書作成の手数料は掛かるの?

現在は、テレビなどで相続対策には遺言書がいいと聞くことが多いと思います。しかし遺言書を作るのは簡単だと聞くけど費用ってどのぐらいかかるんだろう。て思いませんか。

 

遺言書は、自分で書く遺言書国が定めた公証役場という場所で作る遺言書で手数料は変わってきます。

 

もちろん自分で書く遺言書は、そこまで手数料がかからないことは想像がつくと思います。 自分で作成する場合は、1000円もかからずに作ることもできます。作成を他の人に頼む場合は、もちろん手数料等はかかってきます。

 

今回は、遺言書作成にかかる手数料について詳しく解説して行きます。

遺言書を作る手数料は2種類。

遺言書は自筆証書遺言でも、公正証書遺言のどちらでも作るときには、2種類の手数料がかかります。それは、役所などに払う書類の手数料専門家に払う手数料が掛かります。

役所に払う手数料

遺言書を作るときは、内容に書かれている内容が正確で本人が書いたものか疑われることを避けるために、「戸籍」や「住民票」もしくは「建物などの不動産の全部事項証明書」などの公的な証明書で裏付けする必要があります。なので、取得するための費用が掛かります、

 

なお、証明力を確保した公正証書遺言の場合は公証役場というところに作成を代理してもらうので作成手数料を払うことになります。

専門家に払う手数料

自筆遺言書、公正証書遺言のどちらでも専門家に依頼する場合は専門家の手数料がかかってきます。 その場合は、約5万円から30万円の手数料が掛かってきます。

自筆証書遺言の場合

自筆証書遺言の場合は、あなた自身が道具を用意します。その道具は、筆ペンや封筒便箋などになります。なので、作成する費用はそこまで掛かりません。掛かったとしても約1000円行くか行かないかです。そのぐらいの金額で作成できてしまいます。

 

また自筆証書遺言を作成する場合は、その内容を証明(裏付け)するために不動産などの登記簿謄本または財産を特定できる証明書を一緒に添付するといいです。その証明書が役所で取得する場合はその手数料がかかります。例えば不動産の登記簿謄本ならば、近場の法務局で一通600円で取得できます。

 

なので、作成にかかる手数料は安く済みます。また専門家に頼む場合は5万円から10万円以内で請け負ってるところが多いようです。 上記から分かるように500円〜10万円前後で作成できます。

公正証書遺言の場合

公正証書遺言の場合は、戸籍、印鑑証明、固定資産評価証明書などを指定された証明書関係を取得しなければなりません。何が必要かは公証役場の方で教えていただけます。

 

例えば、

【配偶者と子1人 財産は預金と不動産のみのケース】
『遺言書内容』
1.妻に不動産を相続させる。
2.息子に預金を相続させる。
『必要書類』
遺言者の戸籍、相続人の戸籍、不動産の全部事項証明書、固定資産の評価証明書など

戸籍の種類にもよりますが、すべての証明書関係を取得する 手数料は、約1万円以内に収まる場合が多いです。

 

公正証書を作る場合は、別途、公証役場に払う手数料が掛かります。遺言書の内容によって金額が変わってきます。何件も公正証書遺言を作るお手伝いしてきましたが、平均で2万から5万円以内で収まってるケースが多いです。詳しい金額は、公証役場に聞いた方がいいでしょう。

 

また、専門家に公正証書遺言の依頼をすると8万円から30万円くらい掛かってきます。ちなみに私の事務所では、定額10万円(税抜)で請け負っております。

 

公正証書遺言は、 全部込みで15万円から40万円ぐらいで作成できます。

 

おまけ

なぜ専門家の費用の幅が、5万円から30万円と広いのか。それは、遺言書の内容によって変わるからです。

 

例えば、ただ単に相続人たちに財産を相続させる内容ならば簡単なので費用もさほどかかりませんが、相続人たち同士が揉めそうな場合や 財産の特定な詳細をを書く場合などのような難易度が高い遺言書を作成する場合は専門家の費用は高くなります。

 

詳しい費用が知りたい場合は、一度専門家に遺言書の内容を伝え見積もりを出してもらうことが良いでしょう。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。

 

遺言書の手数料は、安ければ500円から高ければ40万円以上。 500円で作成した遺言書だろうと40万円以上で作成した遺言書でも効力は一緒です。あなた自身が、ミスのない遺言書作成ができれば500円で作成しても問題ありません。

 

しかし遺言書にミスがあった場合は遺言書の効力は発生しないという問題が起きてきます。内容が複雑だったり、作成方法の知識が乏しいと思えば専門家に頼むなり、公証役場に相談してお金を払ってでも、効力のある遺言書を作成した方がいいと思います。


page top