相続放棄の情報

その借金は、相続放棄したほうがいいですよ。相続放棄の『2つメリット』

その借金は、相続放棄したほうがいいですよ。相続放棄の『2つメリット』

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

今回はあなたの財産に借金があった場合の視点でお話ししていこうと思います。現在、あなたの財産の多くが借金だった場合、財産を受け継ぐ相続人たちはどうなると思いますか。返済していくことが大変ですよね。あなたならそんな財産、相続人たちに受け継がせたくありませんよね。

 

しかし、何も知らない相続人たちは間違って受け継いでしまうかも知れません。そうならない為にも、生前の内に返済しておくことはもちろん、最悪相続人たちが受け継がなくてもいいように相続放棄というものを事前に知っておくといいでしょう。

 

そして、相続人にも相続放棄というものを伝えるようにしておくべきです。その相続放棄について詳しく解説していきます。

相続財産すべて引き継がれる。

相続財産は、プラスの財産でなくマイナスの財産も含まれます。そして、その財産は相続時にプラスになろうがマイナスになろうが相続人に引き継がれます。

 

すべての財産を引き継ぐと言っても、財産がマイナス(借金)だった場合は相続したくないと思うかもしません。そんなときは、相続放棄させるようにしたほうがいいでしょう。

2種類の相続放棄

相続放棄は、民法で定められた相続放棄と相続人同士で定めた相続放棄の2種類があります。

 

先ほどの例だと、財産がマイナス(借金)だった場合、民法で定めた相続放棄を使用します。この相続放棄なら、最初から相続人の権利を失うことになるので相続人ではなくなります。

 

相続人の権利が無くなるということ、プラスの財産もマイナス財産も含めたすべての財産を引き継ぐ権利が無くなるということになります。

 

つぎに、相続人同士の定めた相続放棄とは遺産分割の話し合いときに『財産を相続しない』という旨を伝えて相続財産を引き継がないことです。

 

例えばどんな時か。長男がすべての財産を相続して、他の相続人は相続しない。など

 

この後は、民法で定めた相続放棄について話していきます。マイナスの財産を相続しなくていいそんな都合のよい相続放棄ですが、よい面ばかりではありません。安易に相続放棄を選択しないようにメリットデメリットをお伝えします。

相続放棄の2つのメリット

マイナスの財産を相続しない。

なんといっても、1番のメリットは相続放棄をしてしまえば借金の財産を相続しなくていいことです。相続人があなたの残した借金を背負ってまえば、債権者の取り立てなどに悩むことになります。放棄をさせることでその悩みから解放されます。

相続人たちと遺産分割の話し合いがない。

相続放棄してしまえば、相続の権利を失うことになるので最初から相続人ではなくなります。そうなってしまえば、遺産分割の話し合いにも参加しなくてすむので相続人同士のもめ事を回避でき、心身ともにストレスから解消できます。

おまけ

相続放棄したからといって、親族関係がなくなるわけでないのでその後関係は続けていけます。相続放棄はあなたの財産が相続時に適用されるだけなので安心です。

相続放棄の5つのデメリット

放棄後は原則撤回不可能。

相続放棄の手続きを1度したら、その後に『やっぱりやーめた』と言えないことです。相続時に、マイナスの財産だったが、その後多額のプラス財産が見つかったなどの理由で相続放棄を撤回することは基本的にできません。

 

しかし、他の相続人による財産隠しなどの不法行為あったなどの特段の事情があれば、撤回も可能になります。それでも撤回が認められるにはごく稀ですので、相続放棄させるときは慎重にする必要があります。

親族同士で険悪になる。

相続放棄をしてしまえば遺産分割などの争いに巻き込まれませんが、引き継ぐ権利が他の相続人に回っていきます。それが借金の財産を引き継ぐとなれば、権利が回ってきた相続人はいい顔をしないことは容易に想像できることです。

 

そうなってしまうと、相続放棄後の親族関係がギクシャクしてしまうこともあり得ます。相続放棄をする場合は、他の推定相続人にも相談する必要があります。

マイナスの財産だけを相続放棄できない。すべての財産を失う。

相続放棄は、すべての財産を放棄することになります。マイナスの財産だけ放棄して、都合よくプラスの財産は引き継ごうとしてもダメです。そんなうまい話しがあると思わないでくださいね。

 

相続放棄はしたら、すべての財産を引き継げなくなるので注意が必要です。

3か月の期間がある。

相続放棄をする場合は、相続時が発生後3か月以内です。面倒だからあとでいいやなんて思わないでくださいね。相続放棄しないで3か月の期間が過ぎてしまえば財産を相続したことになりますので、忘れていましたで済む話ではなくなってしまいます。

相続放棄をするために手続きが必要。

相続放棄の意思を、相続人たちにしても意味がありません。あなたが住む場所を管轄している裁判所で相続放棄の手続きをする必要があります。

 

裁判所にいくことなどそうそうありませんでの、この手続きがわずわらしく感じるかも知れません。そんな時は、専門家に相談することも検討しておくこといいと思います。

生前に相続放棄の指定しておくことができない。

あなたが遺言書などで推定相続人の相続放棄を指定しておくことはできません。あくまでも相続の権利は相続人のものです。相続放棄も相続の権利の一部に含まれます。

 

相続とは、あなたが亡くなったあとに初めて発生する権利です。また始まってもいない権利を指定おくことは認められいません。なので、相続人が財産を引き継ぐのか放棄するのかは、相続が始まってから決めることになります。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

現在あなたが借金を持っていて、他の財産と差し引きしてもマイナスになるなら亡くなった後のこともしっかりと考えておく必要があります。

 

死んでしまえば、残された遺族がどうにかしてしてくれるだろうと安易なことを思ってはいけません。借金を残された相続人は、債権者の取り立てなどに苦しむことになってしまいます。

 

そうさせない為に、あなた自身が相続人たちに相談して相続放棄などの対策を講じるように話しをしておくべきです。遺言書だけが相続対策ではありません、このようなことも対策の1つになりますので考えておくといいと思います。


page top