遺言書作成に役立つ相続知識の情報

知ってましたか。相続には期限があった。3つの相続人。

3つの相続人

遺言書を作る上でこんなことも知っておいた方がいいですよ。あなたが遺言書で財産を受け継がせたい相続人を指定していた場合でも、当の相続人が財産を引き継がない可能性もあるということです。

 

それは、負の財産だったり、財産の種類によっては管理が大変だと思ってしまい相続財産を放棄することもあり得ます。例えば、息子が遠方に住んでおり、あなたの土地を引き継いでも管理できないなどの問題がある場合です。

 

あなたは土地を受け継がせたいと思っても、息子はそんなことは考えていないかも知れませんよね。胸の内に思っていることは、人それぞれ違うということですね。

 

遺言書を作成するときは、あなたの財産の種類も考えて作成していかなければなりません。そこで、相続時あなたの財産を相続人がどんな引き継ぎ方があるのかを知っておくことも重要です。

 

相続には、単純承認限定承認相続の放棄という3種類の引き継ぎ方があります。※この3種類は相続人に適用されます。遺贈などの受贈者には適用されませんので注意が必要です。

 

今回は、この3種類の相続について詳しく説明していきます。

説明が遅くなりましたが、ここでの被相続人とは亡くなった人をいいます。相続人とは被相続人の財産を引き継ぐく権利がある人です。例えば、配偶者や子です。受贈者とは相続人以外で遺言書で財産の贈与(遺贈)を受けた人をいいます。

3種類の相続手続き

先ほどから説明しているように、被相続人の財産を引き継ぐこと相続と言います。この相続には方法には3つの種類があります。

・単純承認
・限定承認
・相続放棄

の3つになり、それぞれの相続方法を詳しく説明します。

単純承認

どの家庭でも単純承認が取られるケースがほとんどだと思います。被相続人の預金から土地など不動産のすべての財産を相続人が引き継ぐことを単純承認といいます。財産が借金などの負の財産が残ってしまう場合以外は、この承認方法が取られています。
単純承認の画像
例えば、図のようにプラスの財産とマイナスの財産を差し引きしてもプラスの財産が上回る場合です。

限定承認

相続が発生すると被相続人の財産がすべて把握しれきないときがあります。中にはプラスの財産と借金のようなマイナスの財産がどっちが多いのか見当がつかないなどです。そのようなときに限定承認を選ぶことになります。

 

限定承認とは、プラスの財産範囲内でマイナスの財産も一緒に引き継ぐことです。図を見てください。
限定承認の画像
図のように、プラスの財産をマイナスの財産が上回る場合に、差し引きしてもマイナスの財産が残った時はマイナスの財産は相続しなくてよくなります。

限定承認は厳しい要件がある。

都合のよい限定承認ですが、使うには2つの要件を満たす必要があります。

・相続開始を知った時から3ヶ月以内。
・相続人全員の同意が必要。

相続開始を知った時から3ヶ月以内

限定承認をするには『相続開始を知った時から3ヶ月以内』に裁判所に申し出して手続きをしなければいけません。相続開始を知った日とは、被相続人が亡くなったことを知りあなたが相続人になったことを知った日になります。

相続人全員の同意が必要。

限定承認をするためには、すべての相続人の同意が必要になり共同で裁判所に申し出をしなければいけません。例えば、相続人が妻、息子2人の場合は3人の同意になります。または、あなたに妻しかいなければ、相続人は妻と親2人になり、3人の同意が必要になってきます。

 

限定承認は都合のよい相続方法ですが実際には3ヶ月以内の期間と相続人全員の同意がボトルネックになり、ほとんど利用されていないのが実情です。

相続の放棄

相続の放棄は言葉通り、被相続人の財産を一切引き継がないことです。相続の放棄も相続を開始を知った日から3ヶ月以内に裁判所に申し出をしなければいけません。ただし、限定承認とは違って各相続人の単独で申し出を行うことができるので利用しやすくなっています。
相続放棄の画像
図のように、完全にマイナスの財産しか残らないような場合に相続放棄の手続きをすることになります。

遺言書を作るときに気をつける

これでどんな時にどんな種類の相続方法を取るのか分かったと思います。これを踏まえて遺言書を作るときは気をつけなければいけません。

 

あなたの財産には、どんな種類があるのか把握しておく必要があります。マイナスの財産があるのならばなおさらです。差し引きでプラスの財産が残ったとしても、財産分与の指定次第では相続人同士が揉めてしまうこともあり得ます。

 

【事例】息子2人で財産が預金1000万円、不動産2000万円借、借金800万円

長男に預金1000万円、次男に不動産2000万円、借金800万円は平等に相続されるという遺言書内容だったらどうでしょうか。

 

遺言書を見た息子2人はいい思いをするでしょうか。もしかしたら、長男は法定相続分の100万円分の財産を寄こせと思うかもしれません。逆に次男は使えない土地をもらって借金400万円だけが増えたと思うかもしれません。これでは、どちらも不平不満しか出なくなってしまいますね。

 

実際にこのような考えが起こるかわかりませんが、高い確率で起こるような気がしますよね。こうならない為にもマイナスの財産があるときはそのことも考慮して遺言書を作成しなければいけなくなります。

 

解決方法として事例のケースならば、

・預金1000万円は長男と次男と1/2ずつ相続させます。
・必要最低限の不動産を残して、現金化して平等に相続させることにします。
・借金800万円も長男と次男で1/2ずつ相続させます。

このように、どちらに対しても不平不満が出ないように極力平等に財産が引き継げるように配慮することが重要になってきます。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。これを読まなくても相続の種類について知っていたかも知れません。

 

しかし、遺言書を作成するとき注意しなければいけません。遺言書の内容次第では、財産を引き継ぐ側の相続人に不平不満が出てしまい、相続放棄をすることもあり得ます。そうなってしまえば相続人同士で揉めることは確実です。

 

せっかく良かれと思って作った遺言書が逆に争いの元になってしまったら意味がありませんよね。あなたはすでに亡くなっているので、悔やんでも悔やみきれないことになります。そうならない為にも、遺言書を作成するときは財産を把握して、上手に分配方法を考えて内容を作成するようにしてください。


page top