相続

相続とは?

 亡くなった人を被相続人といい、被相続人の財産を引き継ぐ人が相続人といいます。
相続とは、亡くなった人(被相続人)のすべての財産や債務などを残された方たち(相続人)で引き継ぐことです。
「人の生死はいつか必ず起こり得ること」
相続人にとって学校受験、就職、結婚などと同じようにいつかは経験するであろうとする出来事です。

相続手続きとは?

 亡くなった人のすべての財産(債務)を引き継ぐことができる方たちで財産を分け合うことです。
すべての財産と書きましたが債務(借金)などが多い場合は、相続放棄、プラス財産とマイナス財産を考慮して相続する限定承認などがあります。
分け合った内容を遺産分割協議書という書面に残し、不動産の名義変更、銀行手続き、有価証券の手続きなどの各種手続きに必要になってくるのが遺産分割協議書です。他にも相続手続きには、戸籍等を確認して相続人を確定させる相続関係説明図なども必要になってきます。
 相続税が発生する場合は、その他の手続きが必要になることもあります。

どんな人が相続人?

・被相続人
→亡くなった人

・相続人
→配偶者
※第一順位 直系卑属(子、孫)
 第二順位 直径尊属(父母、祖父母)
 第三順位 傍系血族(兄弟姉妹、甥姪)

 配偶者は常に相続人になります。
第一順位が相続人になる場合には第二順位、第三順位は相続人になることはありません。
養子、非嫡出子も実子扱いになり相続人となりますので気をつけましょう。

財産確定しましょう!

・プラス財産
→土地、家、現金預金、有価証券、貸付金など

・マイナス財産
→住宅ローン、その他ローン、税金の未払い分など
上記にあげた財産以外も財産になる場合がありますので詳しくは専門家に相談することも考慮して確定しましょう。

相続と遺言書の関係

 被相続人が亡くなった場合、被相続人が使用していた金庫、タンス、書斎などを確認して遺言書がないか探しましょう。
相続手続きがスムーズに進むことはもちろん、遺言書には被相続人が生前どんな気持ちで遺言書を残し、自分が亡くなったあとの財産等をどう分けて、どう引き継いでもらいたいのかを書いたものです。
 被相続人から相続人の方たちに残す最後の大切な伝言です。
「遺言書なんか作ってないわ」とは思わず、必ず一度は探してみたほうがよいでしょう。

相続手続きの流れ

①相続人のお葬式など一通り終了

②遺言書の有無を確認
(金庫、タンス、書斎を確認)

③相続人、財産などの確認(戸籍、預金通帳など)
※相続放棄または限定承認

④被相続人の所得税の申告納付

⑤相続人同士で遺産分割の為の話し合い及び
協議書作成、相続関係説明図作成

⑥相続税の申告(相続人死亡時から10か月以内)
※各種名義変更手続き(ある場合)

相続手続き完了!

相続に必要な知識

・法定相続の割合
第一順位 配偶者1/2 子1/2
第二順位 配偶者2/3 父母1/3
第三順位 配偶者3/4 兄弟姉妹1/4
※代襲相続→相続人となる子ども、兄弟姉妹が相続開始前に亡くなっている場合は、孫、姪甥が代わって相続人になります。

・遺留分
→民法では、一定の相続人に最低限相続できる財産を保証しているのが遺留分です。
※遺留分をすべての相続人が主張できるわけではないので気をつけましょう。

・特別受益
→被相続人から遺贈を受けたり、生前に贈与を受けたりした場合に、相続財産の総額に含めて遺産分割を行うことです。
(例:自宅購入資金、学費の援助など)

・寄与分
→被相続人の財産維持や増加などに貢献した相続人が、寄与分を含めた財産分割を主張できます。
(例:事業の手伝い、事業資金提供、老後の介護など)

どんな専門家に頼むべきか?

・行政書士
→相続手続きの最初の相談窓口。各種書類作成から書類の取得代行など名義変更手続き、相続税の申告などの他の専門家とも連携しているので相談手続きをスムーズに進めます。

・弁護士
→相続人でもめて遺産分割がまとまらない場合。

・司法書士
→不動産の名義変更手続きなどがある場合。

・税理士
→相続税が発生する場合。

 相続手続きには、簡単なものから相続人が何十人となり手続きが大掛かりであったり、相続人同士の人間関係が複雑だったりと様々です。
相続手続きはケースによって各専門家の手数料(報酬)も大きく異なります。現在は無料相談、見積もりなどを出してくれる専門家もたくさんありますのでいろいろなところに相談してから決めるのもいいでしょう。

最後に…

 相続手続きは、やろうと思えば相続人たちで全てできます。
 しかし、手続きには様々な専門知識が必要になり、また必要な書類を取得したりと煩わしいことが多いです。必要書類を取得するのは基本的に役所なので仕事を休んで平日に行くことになります。
やっと手続きが終わったと思ったら新たに相続人が出てきた、ないと思っていた遺言書が見つかったなどの再度一から手続きをやり直さないといけない場合の最悪なケースもあります。

そうならないように全てを代行してもらえる専門家に頼むこともひとつの手だと思います。

「相続税がかかるか分からない」
「名義変更が必要なのか」
「どうしたらいいか分からない」

どの専門家に頼むか分からないときは最初の窓口になる行政書士に頼むといいでしょう。行政書士に頼むことによって他の専門家と連携して進めてくれるので相続手続きをスムーズに進めていけます。

時間外でもご連絡あれば随時対応致します! TEL 0297-34-0768 営業日:月~金9:00~18:00【土日祝除く】

事務所マップ

きぬ行政書士事務所 Facebook

PAGETOP
Copyright © きぬ行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.